2015年01月29日

生活習慣のリスクマネジメント Vol.2

ライフリスクの為の準備その1「運動の仕方」

~生活習慣病予防のために~身体活動量・運動量及び体力の基準値が「健康づくりのための運動基準2006―身体活動・運動・体力―」(運動基準)として「運動所要量・運動指針の策定検討会」において示されました。
 この運動指針では、身体活動、運動、生活活動を次の三つに定義されています。(図1にその概要を示します)

1「身体活動」
 安静にしている状態より多くのエネルギーを消費するすべての動きのこと
2「運動」
 身体活動のうち、体力の維持・向上を目的として計画的・意図的に実施する運動
3「生活活動」
 身体活動のうち、運動以外のものをいい、職業活動上のものも含む動き

20150129-001.gif
20150129-002.gif
*引用<エクササイズガイド2006>


私たちの身体が動かされて動いている時「生理的基礎代謝状態」=身体活動量「ゼロ」を安静状態といい、その基礎代謝量を“個人の基礎代謝整理活動状態”「Metabolic EquivalenTs」METs:メッツで表わし、1メッツを身体活動の強さの単位としています。
また、身体活動の量の単位を身体活動の強度(メッツ)に身体活動をした時間の長さを掛け合わせて「メッツx時間(h)」エクササイズ「Ex;Execise」で表わします。

この身体活動の強度と量をベースにした健康づくりのための身体活動量の目標は、週23エクササイズ以上の活発な身体活動(運動・生活活動)を行い、そのうち4エクササイズ以上の活発な運動を行うことと提案されています。この目標に含まれる活発な身体活動とは、3メッツ以上の身体活動でそれ未満の弱い身体活動は目標に含みません。図2に1エクササイズに相当する活発な身体活動を示します。

20150129-003.gif
*引用<エクササイズガイド2006>


活発な身体活動を行うと、消費エネルギーが増えて身体機能が活性化することにより、糖や脂質の代謝が活発となり、内蔵脂肪の減少が期待されます。その結果として血糖値や脂質異常、血圧の改善により生活習慣病の予防に繋がります。
また、運動による消費エネルギーの増加と体力の向上も生活習慣病の予防に効果があるとされています。
生活習慣の改善を目的として運動を行う場合には、
1)自身の体が発している身体感覚情報を感知する感受性を普段から養う
  (自分の体とのつきあい)ことが重要
2)具体的な運動方法を指導の下でスタートすることがポイント。
  生活活動とは別な運動を身体で経験し、実際に運動しながら自分の運動
  メニューを自分で作成する

自発的な計画・意図がなによりも大切なことです。リスクマネジメントの基本のPDCAです。
年末・年始の行事でカロリーオーバーになっている諸氏! 寒い時期ですので、十分に注意をしながら取り組んで下さい。

日本リスクマネジメント協会正会員 仲田 昌弘


posted by 新東産業 at 09:00| 徒然CSR考座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月16日

代表より新年のご挨拶(2015年)

新年あけましておめでとうございます。

各地が豪雪に見舞われた、寒い一年のはじまりになりました。
弊社は昭和41年3月に創業して以来、平成28年3月で満50周年を迎えることになりました。
これもひとえに、皆様の温かいご支援ご指導の賜物と、ここで改めて厚く御礼申し上げます。

さて人も会社も社会も50年の月日が経過しますと、内外に変化が表われ様々な化学反応が生じ、予期せぬ方向に進んでいきます。その時に流れを止めることなく、より良い未来へと流れを誘っていくのが、50年の月日が培った英知であり経験です。当社はこれまで皆様と共に歩んだ実績と、たくさんの実践で得た高い技術力で、これから先の50年を今まで以上に皆様の満足に貢献していく所存です。

数年前から施行している世代交代で、新旧世代一丸となって独自性に取り組んでいます。
単独で行うという意味ではなく、他と異なった私たちにしかできない特有な力を目指し、本年も誠心誠意尽力してまいりますので、宜しくお願い申し上げます。

新東産業株式会社 代表取締役会長 田辺 信




明けましておめでとうございます。

『2015年は、米国が牽引する世界経済の成長を起点に明るい兆しが見える。一方、民主国家と専制国家との第三ステージ、EU圏の動向、イスラム国に発するテロ等々・・・、経済を揺るがすリスクも潜む。このような情勢の中、日本は戦後70年の節目を迎えてどのように進むのか』
と年頭に当たってメディアは報じています。

日本経済には追い風が吹いているように感じます。原油安は、消費低迷の立ち直りへのきっかけになり、円安と海外経済の成長の持ち直しは輸出増を後押し、利益を上げる企業が増えるでしょう。日本経済のキーワードは「成長戦略の実行」と言われ、“「アベノミクス」の恩恵を受けた部門から家計、中小企業、地方へと恩恵(利益供与)効果の波及がキーポイントで企業収益の拡大とそれを起点とした経済の好循環を具現化することである。”と、まさに大きな期待論?でもあります。
しかしながら、首都部では東京オリンピックを控え都市再生事業等のプロジェクトが進み、中小・零細企業の底辺にまで実情は届くに至っていませんが目先は明るい情勢です。

今期、弊社は創業50年を迎えます。半世紀の間に多くを学び、皆様のご支援、ご鞭撻、叱咤激励をいただきながら順調に成長してまいりました。近年は、サスティナブルな企業を目標に人材育成=若手社員の導入=未来企業構築を図って参りました。

今年は、(1)具体的な個の目標、(2)目標に向かって行動・実践、(3)成果=目標達成、の循環を繰り返し進むことを掲げました。
今風に“やってみなはれ”の精神で社員一同、更なる成長を目指し邁進していく所存です。皆々様の益々のご発展を祈念するとともに、本年もよろしくお願い申し上げます。

新東産業株式会社 代表取締役社長 吉川省二


posted by 新東産業 at 09:00| スペシャルトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする