2015年04月30日

生活習慣のリスクマネジメント Vol.4

ライフリスクの為の準備 その2
「運動の仕方/日常生活の仲での身振り・しぐさ・振る舞い」

前回は、運動量、運動基準について述べました。日常生活において、このバランスが崩れると次の様な結果となります。
生活習慣病の「温床」としてメタボリックシンドロームが話題になり、病気の発症、進行を予防するものとして、特に「肥満」が挙げられこれをターゲットした特定健康診査(※)及び特定保険指導があります。「メタボ健診」と巷では称されています。
※40歳〜74歳までの公的医療保険加入者を対象
メタボリックシンドロームの判定項目・基準値は、下表に示します。
20150430-001.png

この結果・判定が「メタボ」を受けた対象者には、「生活習慣の改善の取り組みが必要」とのことで保健指導・「特定保険指導」(※)を受ける事が進められます。
※「動議付け支援」と積極支援」の2タイプがあります。
積極的支援の取組を下表に示します。
20150430-002.png

健康診査の結果は、自覚症状がなく、日常生活に負担がないケースでは、将来の重大な病気(例えば、脳血管障害、心筋梗塞、癌など)に罹る危険(リスク)がある状態と思う方は少ないでしょう。日常の現実に追われて将来など見据える、ましてリスクを増長して健康管理を想像することは稀でしょう。また、認識したくない行為の一つです。そして、自分は大丈夫、たいしたことはない、そのうちに・・・と先延ばしにしがちです。
この様な心理状況を考慮して、生活習慣病について解決すべき課題をリスクマネジメント風に問題点を整理し、解決すべき課題の設定を試して見ましょう。


1. 日常生活は、仕事でも個人的生活でも、習慣化した「身体の動かし方」(身振り・しぐさ・振る舞い)から成り立っています。その「慣れ」のために何か問題があってもそれが隠蔽されていて顕在化していません。身振り・しぐさ・振る舞いは他人が見ると問題点は感じる事ができますが、本人は「慣性の力」が働いていて、その問題を感じることすらできません。緊急事態に遭遇してはじめて、その問題に気づくというのでは遅いのです。

2. 「生活習慣が病気の原因」であるとか、「生活習慣が悪い」とかいう認識ではなく、「生活習慣には、必ず問題が内包している。」という認識をすることが大切です。

3. 「生活習慣に内包する問題」は、潜在リスクです。これを「見える化」することでリスク回避を図ります。その方法は、「いつもと違った動きをする運動」を意識的にすることです。前回に記載した運動エネルギーを参照して下さい。意図的運動の効用は、生活習慣に内包する潜在リスクを見える化させることです。

4. 生活習慣の改善」を目的とした健康診査(健康チェック)の意義づけを明確にし、病気の早期発見(早期診断)のための「検診」との役割の違い、目的の違いを理解し、活用する必要があります。


「ひとの振り見て我が振り直せ」ではありませんが、顕在化していない問題点を予防する「意図的運動」を心がけてみましょう。
ちなみに、あなたのBMI値は? 
20150430-003.png


意図的運動の目標を探って見ましょう!!
日本リスクマネジメント協会正会員 仲田昌弘


posted by 新東産業 at 09:00| 徒然CSR考座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

GNN技術研修会報告「CAR・MIX見学会」

平成27年4月3日(金)午後2時より、河島コンクリート工業株式会社にてGNN技術研修会が開催された。
主催:太陽工業(株)、後援:GNN、GNNマシナリー、河島コンクリート工業(株)によるもので、内容はCAR・MIXの紹介、デモンストレーションと周辺技術のIBB Probe, IWAとのコラボレーション。
40名を超える参加者にCAR・MIXへの関心度の高さ、期待度が感じられた。さらに早くから集合された方々へは会場提供社の環境への取組みについてのビデオ上映等、他にはない技術の紹介があり、河島専務の有意義な時間への配慮があった。

開会後、GNNマシナリー社からCAR・MIX(太陽工業社)とGNNとの関わり、IBB Probe とのコラボレーションの構想について説明、引き続き太陽工業社からCAR・MIXの概要、紹介があった。
CAR・MIXは、独自の多関節アーム構造による油圧シャベルを搭載し、
 材料投入(セメント・骨材・水・混和剤)
 → 混練り
 → 運搬
 → 排出
が可能となった四輪駆動自力投入式コンクリートミキサー車である。欧米・東欧の軍事組織、政府組織をはじめとして数十年前から使用実積があるという。特徴は以下の通り。
・2m超の高さまで周囲4方向300°にコンクリート排出可能
・良好な視界での作業と快適な乗り心地のキャブ型運転席
・関節式油圧ショベルによる材料投入
・後部にエンジンを配置、メンテナンスへの配慮と重量バランスの実現
・人間工学に基づく設計のジョイスティック「JOYMIX」一本で主機能の操作
・プリンタ付電子計量装置「ロードセル」がコンクリートの配合を証明(オプション装備)
日本での使用用途は、災害復旧や孤島等で簡単操作かつ経済的が求められるなど、多様な場面でコンクリートを供給できるケースを想定している。

GNNでは、IBB Probe とのコラボによる品質の確認システムの確立や、IWAへの利用に期待をしている。
概要説明後は工場内に準備された場所に移動し、CAR・MIX車両の視察と製造デモ(材料投入→混練り→排出→コンクリートの性状・品質確認)。最後にIWA改質デモ(IWAを投入し残コン→回収骨材への改質)を実施した。心配された天候も曇り空ではあったが降雨に邪魔されることなく順調に進んだ。

20150410-001.jpg
IBB Probe 模型

20150410-002.jpg
CAR・MIX

20150410-003.jpg
CAR・MIX(材料投入)

20150410-004.jpg
生コン品質検査

20150410-005.jpg
IWA改質後

20150410-006.jpg
IWA改質後排出


生コンクリートの練混ぜ・供給の新しい形! 参考にしてはいかがでしょう。

新東産業株式会社 技術開発課 仲田昌弘


posted by 新東産業 at 09:00| 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする