2016年01月07日

代表より新年のご挨拶(2016年)

新年あけましておめでとうございます。

2015年は、お取引先各社の皆様には大変お世話になりました。
あらためまして、ありがとうございました。

2016年は、基本的なことから見直そう。
『商は笑ありて勝なり』
お取引先の皆様に喜んでいただくことが、我々の誇りだと思い、
双方がにっこり笑わないことには本当の意味での商売は成り立たない。
そして
『全員経営・自律分散型組織』
一人ひとりが自身の状況に応じて、自ら考え、判断し、実行できる
職場環境を作りなおしてまいります。

最後になりましたが、2016年が皆様とご家族に、実り多い一年と
なりますことをご祈念し、新年のあいさつとさせていただきます。

新東産業株式会社
代表取締役会長 田邉 信




新年明けましておめでとうございます。
旧年中は格別なるご厚情を受け賜りまして誠にありがとうございました。
この場をお借りいたしまして御礼申し上げます。

今年に入りまして世界同時株安のニュースに始まり、国内経済もデノミ克服
もいまだに解消されまま今にいたっております。
我々の業界を見渡すと、2020年のオリンピック・パラリンピックが開かれる
新国立競技場建設への期待が膨らみます。
生コンクリート製造の主原料である、セメント・骨材・水・AE減水剤はまだ
発展・成長が望めます。
これらを含む新素材を用いたプレキャスト材として、圧縮強度500N/mm2の実現も
可能になりました。
弊社が取り扱っております高性能減水剤も日々進化をし、役割が高まっている中で
研究がすすめられています。

「コンクリートから人へ」、「コンクリートから樹へ」の中からコンクリートの
特性を生かして今後もお役に立てる企業として邁進する所存でございます。
今後とも、よりいっそうのご支援をお願い申し上げます。

新東産業株式会社
代表取締役社長 吉川 省二

posted by 新東産業 at 08:30| スペシャルトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする