2016年07月28日

コンクリート好学館 技士試験合格秘話

いよいよコンクリート技士の受験願書の販売が開始(7/1〜8/26)されました。
今年の願書提出期間は8/1〜9/2までです。もう一度受験資格を確認のうえ、遅れないように提出しましょう。

さて、新東産業コンクリート好学館を受講され、見事合格された東京板橋区にある河島コンクリート工業の試験 係岩渕 善さんより技士試験合格秘話を伺いましたので、ご紹介します!
20160728-001.jpg


20160728-002.jpg

昨年、コンクリート技士資格を自信をもって取得することが出来ました。
新東産業の好学館は、その場で分からないことをすぐに聞けるところがよかったのですが、講師の熱い想いのこもった宿題は、仕事疲れの身体にはいささか厳しいものでした。

合格して感じたことは、とにかく過去問の何年度の何番問題の答えは、何番であると覚えるくらいやり、さらに繰り返し解説を読むことで類似問題への対応力が自然に身につき自信につながったのではないかと思います。

なかなか、家に帰ってから勉強をするのは辛く、休憩時間や昼休み、現場待機時間などを有効に使って、常に問題集と技術の要点を携帯してコソ勉に励みました。

各章ごとに勉強を進めて行きますが、しばらくすると最初のところを忘れたりします。
しかし、好学館では、タイミングを見計らって脳を刺激するための厳しい模擬試験が用意されていました。(講師の絶対合格させるとの熱いメッセージをビシビシ感じる瞬間です)

当社は、試験係、製造係、輸送係以外の事務職であっても生コンクリート製造工場の社員として、コンクリートに関する資格を積極的に取得する風土が昔からあります。
社員のおよそ8割以上が資格を取得し、その中には女性も多くおり、品質管理を担当している私に対する目に見えないプレストレスは日々増幅していました。

今は、手当も魅力的であった念願のコンクリート技士資格者として、やっとスタートラインにつけたという思いです。自分自身の経験と反省から、まだ、受験資格がない新入社員の後輩たちにも新東産業の好学館を受講させ、コンクリートに興味を持ち、日々疑問を持って、様々な方法で必ず解決し、意識して日常の業務に携わるように指導しています。

コンクリート業界に携わる人間として今後、さらに主任技士、診断士とステップアップを目指して日々精進し、コンクリートのプロとしての自覚を持って品質管理に取組んで行きたいと思います。



posted by 新東産業 at 09:00| コンクリート好学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

コンクリート好学館セミナー開催中

4月からスタートしたコンクリート好学館、各会場での熱心な受講風景をご紹介します。

7月10日(日)はコンクリート診断士講座の最終日。
7月24日(日)の試験日に向けて最終チェックを行いました!!

3月より論文攻略を主に、ワークショップ形式で様々な劣化現象を参考にし、実際に診断を体験しているかのように、その環境を創造して議論することをしてきました。
診断のための 1.計画、2.調査、3.測定、4.評価及び判定対応、
維持管理のための 5.劣化の進行予測と各種対策の効果
・・・の一連のワークを試み、論文作成に挑みました。

具体的な知見の中からの作成となり、劣化診断がかなり身近に感じながらのものとなりました。
最終章は記述問題Aの “診断の意義” をはじめとする、診断士の定義・役割についての論文作成です。
コンクリート診断技術の1章“はじめに”を熟読し、喧々諤々と学習!!
・・・当日は何も見ずに論文作成にチャレンジです。4択問題も頑張れ!!

平成28年度コンクリート診断士セミナーは、合格必勝!を祈念して終了しました。
20160712-001.jpg
冷静に診断に取り組む学習風景
中身は充実した議論に
 


技士・主任技士セミナー 東京会場

セミナー人気の上昇か?回を重ねるたびに人数が増え、会場となっている弊社会議室が満員御礼状態になってしまいました。受講者の方々にはご不便をおかけしています。
こちらの会場の受講者は初心者マークの方から主任技士目標の方まで千差万別で、知恵を絞って対応しています。
20160712-002.jpg
相変わらず熱い講座!
20160712-008.jpg    
会場は満員御礼! 
20160712-009.jpg
弊社社員は枠外に・・・



技士・主任技士セミナー 神奈川会場

昨年の受講者から主任技士合格者を輩出!!!
これが起爆剤になり、今年はやるぞ!という諸氏が集合しました。基礎技術の学習に加え、論文対策の時間を考慮したプログラムで進めています。
診断士セミナーの論文ワークショップまでにはいかないにしても、何をどのように記述するか、様々な経験をベースに議論し、論文に仕上げていく方法をとっています。文章を書く機会がない中、苦戦しています。
20160712-005.jpg
合格必須を意にした受講者の面々


技士・主任技士セミナー 新潟会場

昨年度から開講。今年は20名に及ぶ応募があり盛況にスタートしました!東京、神奈川と平行して開催しています。

受講生の半数以上がコンクリート製品工場の在籍者。コンクリート技士・主任技士制度は生コン工場の技術者対象になっているため、こちらもなかなか苦戦しています。

会場として使用している三条市の燕三条商工会議所と燕三条地域産業振興センター会議室は、ゆったりと学習できる環境です。
20160712-006.jpg
燕三条商工会議所
20160712-007.jpg   
燕三条地場産業振興センター


次回は8月に第3回セミナー開催予定です。
やっと折り返し点です・・・。

新東産業株式会社 田辺 昭人




posted by 新東産業 at 09:00| コンクリート好学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする