2017年05月25日

GNN公開ワークショップin東京

「祝全生技術大会開催記念企画」と称したGNN開催の“公開ワークショップ”に参加した。
直近の生コン業界を取り巻くテーマに対し、具体的な取り組みをとことん議論しようという。
大きなテーマは次の2つである。

1.残コン技術フォーラム
(有)長岡生コンクリート 宮本社長から、残コン技術フォーラム設立趣旨宣言がありスタートした。
“参加いただいた方々は、当該趣旨にご賛同いただいたとして自動的に会員登録をさせていただきます”と熱い発言があり、会場を沸かせた。

次に示す残コン処理技術の保有業者から、技術紹介があった。
・「スラモル」:スラッジ由来の高流動埋め戻し材/(株)金子コンクリート
・「モレステ」:ポンプ先行モルタル代替品/(有)川端工業
・「セルドロン」:現場残コン処理材/グロースパートナーズ
・「IWAシステム」現状報告(ミツワ生コン)/GNN残コン解決WG報告
・「繊維入り残コン処理」/萩原工業

2.i-Constructionの最前線
国交省i-Construction施策の伝票電子化について、長岡生コンクリート 宮本社長から報告があった。
多くの建設資材が伝票電子化を図っているが、生コンクリートの伝票について全生工組に要請をお願いしたところ「困難」(Noに近い)との答申があったという。
その後、たまたま別件でGNNが往訪したところ、「どうなのですか?」と問われた。
国交省は邁進したい方向で動いている。GNNは賛同・協力する方向で行動する。
(※関心のある方は下記URLを参照して下さい)
http://www.nr-mix.co.jp/mt5/mt-search.cgi?search=%E4%BC%9D%E7%A5%A8%E9%9B%BB%E5%AD%90%E5%8C%96&IncludeBlogs=all&blog_id=1&submit=%E3%81%93%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%A7%E6%A4%9C%E7%B4%A2

・「Probe」システムの近況報告/東伸コーポレーション

3.その他
・GNN生まれの透水性コンクリート
  「ドライテック」説明/長岡生コンクリート
  施工実績報告/金沢生コンクリート
・和製レディージェット/白石建設
・GNNジェットコンクリート供給プロジェクト/陽光物産
 
身近な課題に真摯に立ち向かい、解決しようとする熱意は素晴らしいものがある。
ITによる大きな産業革命の波は揺るぎない。対岸の火事ではないと痛感した。

新東産業株式会社 営業 仲田昌弘




posted by 新東産業 at 09:00| 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする