2016年04月15日

新東産業 コンクリートマスターへの第一歩

コンクリートマスターは、弊社お客様へのアシスタントとして適切なアドバイスができる技術者となることが目標です。

第2回目の今回は、細骨材の混合比率を変化させたときのコンクリート品質の変化を確認、お客様(施工者)の喜ぶコンクリートの製造を目指した試験となりました。
タイミング良く骨材の見直しを検討されていた藤田建材工業様にご協力いただき、実施させていただきました。
弊社からは、専務 稲田監修の下、技術課から尹、吉川(嵩)の若手2名 が技術力UPのため研修として参加させていただきました。
他メンバーとしてフローリック吉川氏、中西氏が参加。

◎使用した原材料の物性
1)セメント:太平洋セメント社製「普通ポルトランドセメント (密度3.16) 
2)細骨材:
 粗砂 石灰砕砂 栃木県佐野市産 (密度2.68,FM=2.89)
 細砂 陸砂  栃木県佐野市産 (密度2.58,FM=1.73)
3)粗骨材:砕石  栃木県佐野市産 (密度2.64,FM=6.50)
4)混和剤:AE減水剤(フローリックSV10L)
5)混練水:上水道水

20160414-001.jpg
セメント採取状況(ローリーから直接取るとは・・)
20160414-002.jpg
骨材も一から準備しました  
20160414-003.jpg 
二人で表面水の測定
20160414-005.jpg
配合修正も計算しました



◎細骨材、石灰砕砂と陸砂の比率
配合:24−18−20N 
比率を6:4、7:3、8:2 どの比率がいいのか比較します。
1バッチ目で混和剤使用量の当たりを付けて、さあスタート!・・・とその前に、総監督の専務 稲田より『どの比率が一番いい状態だと思う?』と質問がきました。
私たち二人は6:4の陸砂が多く入っているものを選びました。理由は安易な考えで、砕砂より天然砂のほうが骨材として良いのではないか?単純に多く入っているから良いのでは?との見解。
総監督の反応は良くない。

20160414-006.jpg  
いざ練り混ぜ開始
20160414-004.jpg
切り返しも大事な作業
20160414-007.jpg



◎試験の結果
試験の結果は次の通り、練り混ぜ方法などは社内規格の通り実施しました。
6:4  スランプ19.5p 空気量4.3% フロー値32.5×29.0
7:3  スランプ20.0p 空気量4.0% フロー値34.5×31.0
8:2  スランプ21.0p 空気量4.3% フロー値34.0×34.0

参加した皆さんの意見は全員一致で 7:3の状態が良いことに・・・。
私たちの予想は散りました

気持ちを切り替えて、貧配合でも確認しました。
18−18−20N
6:4 スランプ19.5p 空気量4.2% フロー値30.0×28.0
7:3 スランプ20.0p 空気量4.8% フロー値.32.5×31.5
 
こちらの結果はどちらも良かったです。現場での仕上げはどちらが好みかというところ。


◎おわりに
今回、砂の比率が違うと状態がこのように変わることを目の当たりにでき、新たな発見ができました。
本日の体験を皆様の工場で活かせるように、そしてこれからも日々成長出来るように技術課一同頑張っていきます。
最後に、藤田建材工業社の皆様には大変お世話になりましたこと、あらためて御礼申し上げます。
 

新東産業株式会社 技術課  尹 星二




posted by 新東産業 at 09:00| 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

コンクリート好学館 H27年コンクリート主任技士試験合格者の声

H27年度コンクリート好学館講座を受講し、見事コンクリート主任技士試験に合格した方々より、うれしいメッセージをいただきました!


20160315abe.jpg
株式会社トーホー 阿部 孝友 さん

私は、生コン工場に製造・業務担当者として勤務しています。
コンクリート主任技士へのチャレンジは、3年前にコンクリート技士の資格を取得したことがきっかけで、更に技術のスキルアップをして主任技士の称号を得たいという強い気持ちにかられたことからです。そんな思いの最中、好学館の案内が目に止まり、セミナーに参加して受験することを決意した次第です。

好学館のセミナーは、講師陣が熱く、きめ細かく講義してくださり、質問等にも丁寧に解り易く説明して頂き、目から鱗が落ちる思いでした。また、このセミナーで同じ目標を持った仲間ができ、お互いに励まし合いながら、心強く、楽しく学ぶことができました。好学館学友?の後押しも大きなエネルギーになりました。この場をお借りして、改めて感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

今後の目標は、コンクリート診断士合格を目指します! 新たな一歩を踏みだします。
好学館でお会いしましょう!


20160315sakaguchi.jpg
株式会社藤川商店 坂口 裕樹 さん

初めに、このたび念願であったコンクリート主任技士に合格することができました。好学館の講師陣、サポートを頂いたセミナー仲間の皆様方の御かげと思っています。本当にありがとうございます。

私がコンクリート主任技士を目指した最大の理由は、「時代の流れ」です。日本社会が不況の続く中、この先のコンクリート業界は益々淘汰が予想されます。その中で当社が生き抜いて行く為には、「コンクリート主任技士・常駐」であるということが必須で、大変重要になっていくと強く感じたからです。しかし、独学で合格する事は困難を極めました。好学館の存在は知っていましたが、“独学で絶対合格してやる”というプライドが邪魔をして、参加を見送っていました。今回は、全てを託す覚悟で“絶対に合格する”意気込みで参加させて頂きました。好学館、一言で言えば“最高”でした。基礎から徹底的に、説明は端的で分かり易く、論文は書き方から傾向や対策まで、とにかく至れり尽くせりでした。
また、共に同じ目標に向かう仲間に巡り合うことができました。お互い切磋琢磨できたことも良い結果に繋がりました。次は診断士をと思っていますが… 先ず自己の研鑽に努めて主任技士という資格に見合った知識や経験を身につけてからチャレンジしたいと思っています。

最後に、これから主任技士を目指す皆様へ! 粘り強く、諦めなければ絶対に合格します。好学館は最高です! ありがとうございました。


********************************************************

コンクリート好学館 H28年度講座は4月スタートです!
講座詳細
みなさまからのお問合せ、お申込みお待ちしております!




posted by 新東産業 at 09:00| コンクリート好学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

【お知らせ】グレースケミカルズ株式会社の米国本社分割

20160309-002.jpg


ご愛顧頂いておりますグレースケミカルズ株式会社の、米国本社 W.R.Graceが分割し、建材事業(混和剤部門)および包装材料事業は新会社GCPアプライドテクノロジーズとして新たな一歩を踏み出しました。

GCPアプライドテクノロジーズは、米国マサチューセッツ州ケンブリッジに本社を置き、世界40カ国の生産拠点にて引き続き建設材料と包装材料のリーディングサプライヤーとして事業を継承して参ります。

日本における混和剤部門はGCPアプライドテクノロジーの子会社として、事業を引き継ぎ、従来にもましてお客様のご要望にお応えできるコンクリート用化学混和剤とその技術並びにサービスをお届けして参ります。

先日、GCPアプライドテクノロジー、アジアの拠点である上海より、ビジネスディレクター、アンダーソン・グイ氏が来日、弊社へも挨拶に来られました。
弊社と築いた40年のパートナーシップを重要にとらえて頂き、今後も変わらぬ協力に期待をして頂きました。

グレースケミカルズ株式会社も、社名(商号)変更を準備しており、お得意様に於かれましては、社内規格の変更などご迷惑をお掛けすることとなり誠に心苦しい次第でございます。変更内容に関しましては改めてご案内させて頂きます。
今後ともグレースケミカルズ株式会社、新東産業株式会社共々、変わらぬご愛顧の程お願い申し上げます。
  
20160309-001.jpg
写真左より 田辺 関口社長 グイ氏 吉川 稲田





posted by 新東産業 at 09:00| 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月26日

コンクリート好学館 平成28年度 講座開講のお知らせ!

コンクリート技士・主任技士試験受験対策講座 4月開講!

通信教育+講座受講(5回)+直前模試

コンクリート好学館は、あなたのやる気スイッチを全開にします!!

目標への一体感を共有しながら楽しく学びましょう!
講座終了後には、資格だけでなく共に学んだ良き仲間とのネットワークも築かれているはず!

過去の講座の様子はこちらをご覧ください!
      
H27年 本番直前模擬試験の様子
H27年 受験結果

■講座スケジュール
宿題5回配布 (月初)4/1、5/6、7/1、9/1、10/1
解説5回配布 (中旬)4/15、6/14、8/18、9/15、10/15
講座受講


5回 4月、6月、8月、9月、10月
13:00-17:00
第3日曜(神奈川)、第4日曜(東京)、第4土曜(新潟)
直前対策模擬試験 11/13(日)13:00-17:00

■講座内容 
Vol.14月 材料
Vol.25月 フレッシュコン/6月 硬化コン
Vol.37月 配合/8月 JIS
Vol.49月 施工
Vol.510月 特殊コン
直前対策11/13(日)模擬試験


受講料:5,400円/1名(税込)

お気軽にお問合せください!

好学館館長 仲田昌弘


posted by 新東産業 at 09:00| コンクリート好学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

新東産業 コンクリートマスターへの第一歩

コンクリートマスターは、弊社お客様へのアシスタントとして適切なアドバイスができる技術者となることが目標です。
平成28年1月6日(水)グレースケミカルズ株式会社 厚木工場技術にて、コンクリートマスターをめざした技術研修を実施しました。

第1回(トライアル)は、
1.粗悪な骨材を用いて適正な配合を作成する。
骨材特性値、目視等から想定配合を作成し、その試験練りの結果から配合修正を行い、実体験をもとにした対応力のレベルアップに挑戦しました。
20160210-002.jpg
試験練りの様子

2.環境に配慮したコンクリート造り 〜スラッジ水の有効利用に挑戦〜
グレースケミカルズ社の優れた技術に感心!!
試験練りは、
a. スラッジ水を使用しないベースコンクリーとの性状確認
b. ベースコンクリートの練混ぜ水にスラッジ水を使用して性状確認。
c. ベースコンクリートの練混ぜ水にスラッジ水+リカバーを使用して性状確認。
を実施しました。
その内容、試験練りの中でb、cのスラッジ水を用いた生コンクリートがどのようなに変化するのかを紹介したいと思います。

練混ぜ水にスラッジ水を用いる事は以前より検討されていますが、次回のJIS改正では安定化処理されたスラッジ水であれば固形分量3%以上の使用が検討されているそうです。そこで今回はスラッジ濃度:15%、セメントに対する固形分量:6%のスラッジ水を2つ用意し、リカバー処理をしていない(通常のスラッジ)とリカバーをセメント固形分量に対して1.5%添加、処理したリカバースラッジとしました。(前日にそれぞれのスラッジを作成準備)
20160210-003.jpg
準備されたリカバースラッジ(終夜撹拌処理)
20160210-004.jpg


a. ベース配合は24-18-20Nの配合とした。(写真参照)
試験結果はスランプ18.0p・空気量5.3%
20160210-005.jpg 
ベースコンクリート

b. スラッジコンクリート(写真参照)
試験結果 スランプ11.0p・空気量4.0%
20160210-006.jpg    
スラッジコンクリート

c. リカバースラッジコンクリート(写真参照)
試験結果 スランプ20.0p・空気量5.3%
20160210-007.jpg
リカバースラッジコンクリート


20160210-001.jpg

スラッジ水を用いると同一スランプを得るために単位水量が大幅に増えます。また、空気量も減少します。固形分を既知で比較するとこの明確な差がおわかりいただけたでしょうか。
技術課若手一同、想像以上の結果には衝撃を受けました。

スラッジ水を用いるとスランプや空気量の低下が顕著に現れること。また、リカバーを使用して安定化したスラッジ水であればベースコンクリートよりも性状が良くまた、スランプも十分に出ることを体感し、改めてリカバーの効果の素晴らしさを確認しました。

この結果に興味を持たれた方は、お気軽に弊社の担当営業マンにお声がけください。ペットボトルにスラッジ水を入れるところの簡易実験からしてみましょう。驚くこと間違いありません!!


新東産業葛Z術部 田辺 将人




posted by 新東産業 at 09:00| 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

新東コンクリート好学館 H27年度 コンクリート技士・主任技士受験結果報告!

新東コンクリート好学館受講者のコンクリート技士・主任技士の受験結果をご報告します!

コンクリート技士合格率:11%
コンクリート主任技士合格率:21%


【東京会場】
コンクリート技士    受験者:13名 合格者:1名 合格率: 7% 
コンクリート主任技士  受験者: 4名 合格者:1名 合格率:25%
【神奈川会場】 
コンクリート技士    受験者: 5名 合格者:0名 合格率: 0% 
コンクリート主任技士  受験者: 6名 合格者:2名 合格率:33%
【新潟会場】
コンクリート技士    受験者:10名 合格者:2名 合格率:20% 
コンクリート主任技士  受験者: 4名 合格者:0名 合格率: 0%


目標達成!
合格者の皆さん おめでとうございます!!


 
今回技士試験を受験した受講者は、果敢にチャレンジする初心者(技術的)の方が大半を占めました。
残念な報告が届きましたが、リベンジの声を多くいただいています。
主任技士を受験した受講者は、論文作成に時間をさき、何度も何度も繰返し論文を書きまくり、添削を行う対策を講じました。論文作成に自信のなかった方々、よく頑張りました!


今年度も好学館は4月より開講します!
昨年よりリアップした内容で合格率アップを目指します。担当講師は、ますます熱くなっています。
まもなく詳細をご案内いたします。たくさんの方からのご応募お待ちしております

好学館館長 仲田昌弘



posted by 新東産業 at 09:00| コンクリート好学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

代表より新年のご挨拶(2016年)

新年あけましておめでとうございます。

2015年は、お取引先各社の皆様には大変お世話になりました。
あらためまして、ありがとうございました。

2016年は、基本的なことから見直そう。
『商は笑ありて勝なり』
お取引先の皆様に喜んでいただくことが、我々の誇りだと思い、
双方がにっこり笑わないことには本当の意味での商売は成り立たない。
そして
『全員経営・自律分散型組織』
一人ひとりが自身の状況に応じて、自ら考え、判断し、実行できる
職場環境を作りなおしてまいります。

最後になりましたが、2016年が皆様とご家族に、実り多い一年と
なりますことをご祈念し、新年のあいさつとさせていただきます。

新東産業株式会社
代表取締役会長 田邉 信




新年明けましておめでとうございます。
旧年中は格別なるご厚情を受け賜りまして誠にありがとうございました。
この場をお借りいたしまして御礼申し上げます。

今年に入りまして世界同時株安のニュースに始まり、国内経済もデノミ克服
もいまだに解消されまま今にいたっております。
我々の業界を見渡すと、2020年のオリンピック・パラリンピックが開かれる
新国立競技場建設への期待が膨らみます。
生コンクリート製造の主原料である、セメント・骨材・水・AE減水剤はまだ
発展・成長が望めます。
これらを含む新素材を用いたプレキャスト材として、圧縮強度500N/mm2の実現も
可能になりました。
弊社が取り扱っております高性能減水剤も日々進化をし、役割が高まっている中で
研究がすすめられています。

「コンクリートから人へ」、「コンクリートから樹へ」の中からコンクリートの
特性を生かして今後もお役に立てる企業として邁進する所存でございます。
今後とも、よりいっそうのご支援をお願い申し上げます。

新東産業株式会社
代表取締役社長 吉川 省二

posted by 新東産業 at 08:30| スペシャルトピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

コンクリート好学館 セミナー報告

平成27年11月15日(日)午後1時30分より、赤坂紀陽ビル「DAYS 赤坂見附 3B」にて“合格必勝模擬試験”を行いました。
20151221-001.png

東京・神奈川の受講者を対象に、主任技士受講者8名、技士受講者11名の参加者がありました。
20151221-002.png

20151221-003.png
赤坂会場の模試セミナー風景


文字通り、当日を想定した模擬試験、試験は当日と同様な雰囲気で進めます。
主任技士受講者は四択問題を1時間で終わらせ、1時間半で小論文を作成する時間配分で試験を実施。小論文は技術者の倫理感に関わる課題と、JCI50周年の節目に当たることから“高度成長期のコンクリート技術の問題点と将来のコンクリート技術について”をテーマにした課題と2問としました。論文作成に当たってのキーワード(ヒント)を添付し、参考にして論文作成にトライしました。

技士受講者の四択問題は、昨年のタフな問題から一転して直近の過去問を選択配分したものを作成、受講者にチャレンジしてもらいました。

緊張感と集中力の空気が会場をピリッとさせ、当日の受験感覚を体感していただくのも当セミナーの主旨でもあります。開始からの2時間半はまさにその通りでした。
試験を終了し、約20分の休憩。この間に受講者の採点をし、傾向と対策を勘案して解答と解説を行いました。
最高点の90点を出した受講者から○○点まで出来栄えは様々でしたが、自己の到達度と最後の目標の確認でもある当セミナーの目的は十分に達成したものと自負しています。
最後に受験の心構えと注意点、試験のテクニック(見直しや時間配分等…)についてアドバイスし、合格必勝を全員で祈念しました。


新潟会場は平成27年11月14日(土)午前9時30分より、同セミナーを実施しました。
主任技士受講者3名、技士受講者13名の参加でした。
午前中に特殊コンクリートと構造の章を講義したこともあったのか、全体に高得点の結果となりました。いやいや〜新潟の実力ですね また、小論文作成も果敢なチャレンジ!合格十分な内容に仕上がって、実力が着いてきているようでした。



さて・・・・、その後、試験を終え、皆さまの感触はいかがでしたか?
吉報をお待ちしてます


新東産業株式会社 コンクリート好学館 仲田昌弘 田辺昭人



posted by 新東産業 at 13:00| コンクリート好学館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

東京コンクリート診断士会設立10周年記念式典 報告

平成27年11月11日(水)午後1時より、中野サンプラザにて東京コンクリート診断士会設立10周年記念式典が開催された。
東京コンクリート診断士会(TCD)は、10年前の同日(平成17年11月11日)に同中野サンプラザで発足式(設立総会・祝賀会)が行われ今日に至っている。

20151204-001.jpg 
 
小野会長より開会の挨拶及び10年の歩みの報告

診断士制度がスタートしてから4年目に、診断士資格をフォローする会が必要であろうとのアドバイスから有志に呼びかけ準備し、1年以上の期間を費やして設立に至ったとの苦労話があった。
東京コンクリート診断士会は、本会の
“コンクリート診断士制度の趣旨:診断士業務の進歩・改善・診断士の技術力向上、社会的地位の向上、診断士の品位の保持、JCIの診断士制度の発展等コンクリート構造物の維持管理に関して貢献する”
ための目的を達成するために、セミナー・見学会等を開催し、支援をする活動をしている。また一方では、全国的な診断士会(日本コンクリート診断士会)の運営母体としての活動も行っている。

その後(社)日本コンクリート診断士会 林会長から祝辞、(公社)日本コンクリート工学会 河井専務理事より来賓の祝辞が続いた。
次に会員の中から当会に様々な形でご尽力された方々6名が功労賞を授与された。

20151204-002.jpg
功労賞を受賞された方々

さらなる躍進を目指し、田沢副会長よりTCDの目的を達成するための成長基本コンセプトの提言があった。

これから何を実行する?として、
○広げる → 会員数拡大、支局設立
○つなげる → 技術交流会開催、JCD(日本コンクリート診断士会)行事に積極的参加
○高める → 構造に関するセミナー開催、技術フォーラム等の開催、企業の保有技術に関する講演会開催、技術者倫理に関するフォーラム開催
など、具体的な活動方針を掲げた。

記念講演
1.建築におけるコンクリート診断 (社)日本コンクリート診断士会 林静雄会長

東京におけるマンション施策の展開について、老朽マンションの実情、再生策、耐震化の促進等、データベースを基に説明があった。老朽化が問題となる築40年以上のコンクリート構造物に対して、性能診断における法律をもとにした建築士の責任と、それを支援するコンクリートのアドバイザーがコンクリート診断士の大切な役目“構造種別を問わず横断的なコンクリートに関する専門技術者”たれとのアドバイスがあった。

20151204-003.jpg


2.コンクリート構造物の維持管理 東京大学 魚本健人名誉教授
 
高度成長期を経て老朽化が進むインフラ構造物への整備、これからの日本の歩みについて興味深い講演があった。高度成長期のインフラ整備の在り方、財政を踏まえ、新設・整備とのせめぎ合い。少子化による人口減の影響等様々な角度から俯瞰したお話しがあった。このような状況のなか、コンクリート診断士の成果を期待したい。

20151204-004.jpg
   
 
座談会 テーマ「コンクリート診断士と診断士会に期待すること・されること」
東京大学 魚本健人 名誉教授
(社)日本コンクリート診断士会 林静雄 会長
東京コンクリート診断士会 小野定 会長
東京コンクリート診断士会 峰松敏和 事務局長(司会)

20151204-005.jpg
     

最後に田沢雄二郎 副会長より閉会挨拶があり、記念祝賀会へ。70数名の参加ががり、盛況に終わった。
東京診断士会の幹事の方々お疲れさまでした。

東京コンクリート診断士会 法人会員 新東産業梶@正会員 仲田昌弘

             
posted by 新東産業 at 13:00| 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

第4回GNN技術発表会(第15回GNN技術勉強会 in東京)報告

平成27年10月29日(木)大崎ブライトコアホールにて開催された。
テーマは「GNNアワード2015 日本一の生コン屋決定戦」
より高い技術やマネジメントが適正に評価され顧客に届けることが現代日本のものづくりに求められていることと確信し、日本一の生コン屋を目指し競い高め合うことで業界に新風をもたらすことを目的としている。

20151125-001.jpg

■「競い高め合い・未来の生コン行を創造」を目指し、最終審査に残った6社によるプレゼンテーション
  1.白石建設有限会社   岡山県地区 「誰も寝てはならぬ」
  2.野方菱光株式会社   福岡県地区 「眠らない工事」+ α
  3.株式会社タイハク   宮城県市区 「T・STYLE」
  4.有限会社長岡生コンクリート 静岡県地区 「NRブランド 勝利の方程式」
  5.有限会社ミツワ生コン 山形県地区 「ねこの手かし隊」
  6.炭平興産株式会社   山梨県地区 「1950m〜30mまでカバーする生コン屋」
  
栄えあるアワード2015に輝いたのは野方菱光株式会社。
審査委員長 東京工業大学名誉教授 長瀧重義氏から表彰状他が授与された。
審査員による受賞は技術的な要素が高く評価され、決定された。
参加者を含めた優秀社には有限会社長岡生コンクリートが選ばれた。
プレゼンテーションによる参加者への共感が多くの投票を得た結果だった。

20151125-002.jpg
写真左:野方菱光株式会社 北里次長、右:有限会社長岡コンクリート 池上氏

20151125-003.jpg
長瀧審査委員長の総評


■GNN技術コンソーシアム経過発表
  1.速硬技術コンソーシアム
    「6時間24N強度へ挑戦!」生コン車で手軽に 1dayPavementより手軽に、安価に、
    早くを目標にチャレンジした結果報告。課題はあるが可能性はある!

  2.暑中コンクリート対策技術
    生コン車ドラム遮熱対策の比較実験の実施。想定外の事実が検証できた。
    総括は、来年建築学会・近畿支部で整理報告がなされる模様。
    *弊社のドラムクーリングカバーの成果は…

■海外企業紹介
  基調講演
  1.今後の経済動向と中小企業経営〜ビジネス造りのキーワードをつかめ!
     立教大学経済学部 山口義行教授
  2.逆境こそチャンスの源 経営者よ大志を抱け!
     安本公認会計士事務所 安本隆晴所長

その他、13社のブース展示があった。

新東産業株式会社 技術開発 仲田昌弘




posted by 新東産業 at 09:00| 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする